記事ARTICLE

2017年09月22日

FUNRiDE NEWS TOPICS【9月21日新着情報】

funride_news_topics_aru

1.血中乳酸値予測機能付きGoMoreスタミナセンサーの新製品『GoMore Lite』国内正式販売
2.サンマルコより2018年モデルが登場!
3.日常の自転車生活をより楽しくより安全に。あたらしいカタチのプロテクションキャップ「kumoa」!クラウドファンディング”Makuake”にて絶賛挑戦中!
4.東京ゲームショウにZwiftが初登場!
5.Bluetooth SMARTとANT+両対応のパワータップ3アイテム。
各パワーメーター製品の価格改定(値下げ)

6. 【PANARACER】重さわずか85g!長さ170mm!ツールケースに収納可能パナレーサー「携帯ワンタッチポンプ」新発売
7.自転車ながらスマホの経験ありは16.7%、事故経験あり(※)は5人に1人
8.自転車を安全・安心に利用できる社会の実現へ「自転車 安全・安心プロジェクト 」

 1.血中乳酸値予測機能付きGoMoreスタミナセンサーの新製品『GoMore Lite』国内正式販売

GoMoreは、 世界初(注1)のスタミナ残量を指標に表したアスリートのためのウェアラブルスタミナセンサーです。 心拍計型のセンサーを胸に装着することで、 心拍から取得した情報を元に血中の乳酸濃度を推測し(注2)スタミナ値として体力残量をスマートフォンアプリに表示することが出来ます。 スタミナ残量以外にも有酸素・無酸素エネルギー領域の使用状況をデータとして可視化できるなど、 各種計測情報を元にトレーニング成果の確認、 ペースコントロールやオーバートレーニングの防止など日々のトレーニングに活用いただけます。

d12909-3-329839-0
新製品「GoMore Lite」では、 これまでのBluetooth接続に加えANT+接続に対応したことで、 サイクルコンピューターなどの対応機器に心拍数データを送信することも可能になりました。 トレーニングの仕方によって、 スマホアプリとサイクルコンピューターとを組み合わせたご利用も可能です。 またボタン型電池を利用する方式に変更されたことで、 充電の煩わしさが無くなり、 防水機能についても向上致しました。 心拍センサーを装着しアプリとペアリングするだけで、 自動で電源がONになるオートスタート機能も追加。 これまで以上にトレーニング利用が便利になりました。

新アプリ「GoMore II」の機能
「GoMore Lite」の登場に合わせ、 スマートフォン用アプリについても画面デザインの変更を含め大幅に機能が向上し、 新しいアプリに生まれ変わりました。 新機能として、 サイクリング用にケイデンスメーターやパワーメーターの接続が可能となり、 それによりパワーゾーンなどの表示が可能となりました。 また、 ユーザー自身のスタミナレベルを診断できる機能や心拍やスピード、 標高などの詳細表示画面、 ランニング時のラップタイムやスタミナ残量などを定期的に読み上げてくれる音声ナビゲーション機能など、 トレーニングでの活用の幅が広がりました。

「GoMore II」アプリには、 従来どおり、 屋内と屋外のランニング、 屋内と屋外サイクリングの4種類のプロファイルが用意されており、 トレーニングによって使用する筋肉の部位の使い方に最適化されており、 トレーニング内容を正確に評価できるようになっています。 また、 初めてGoMoreスタミナセンサーを使用するときに、 ユーザー基本情報(年齢、 性別、 身長、 体重)を入力し、 キャリブレーション用のワークアウトを実施することで、 ユーザー個人のプロファイルが作成されます。 以降、 繰り返し利用いただくことでプロファイルが継続的に最適化され、 アプリで表示される情報がよりユーザー自身の感覚値と近い状態に近づいていきます。

新アプリ「GoMore II」は、 App Store と Google playでこれまで同様に無料でダウンロードおよび利用いただくことができます。 Bluetooth 4.0 を搭載した iPhone もしくは Android スマートフォンと「GoMore Lite」を接続することで、 最大限の能力が引き出されます。

新アプリ「GoMore II」の機能
「GoMore Lite」の登場に合わせ、 スマートフォン用アプリについても画面デザインの変更を含め大幅に機能が向上し、 新しいアプリに生まれ変わりました。 新機能として、 サイクリング用にケイデンスメーターやパワーメーターの接続が可能となり、 それによりパワーゾーンなどの表示が可能となりました。 また、 ユーザー自身のスタミナレベルを診断できる機能や心拍やスピード、 標高などの詳細表示画面、 ランニング時のラップタイムやスタミナ残量などを定期的に読み上げてくれる音声ナビゲーション機能など、 トレーニングでの活用の幅が広がりました。

「GoMore II」アプリには、 従来どおり、 屋内と屋外のランニング、 屋内と屋外サイクリングの4種類のプロファイルが用意されており、 トレーニングによって使用する筋肉の部位の使い方に最適化されており、 トレーニング内容を正確に評価できるようになっています。 また、 初めてGoMoreスタミナセンサーを使用するときに、 ユーザー基本情報(年齢、 性別、 身長、 体重)を入力し、 キャリブレーション用のワークアウトを実施することで、 ユーザー個人のプロファイルが作成されます。 以降、 繰り返し利用いただくことでプロファイルが継続的に最適化され、 アプリで表示される情報がよりユーザー自身の感覚値と近い状態に近づいていきます。

新アプリ「GoMore II」は、 App Store と Google playでこれまで同様に無料でダウンロードおよび利用いただくことができます。 Bluetooth 4.0 を搭載した iPhone もしくは Android スマートフォンと「GoMore Lite」を接続することで、 最大限の能力が引き出されます。

 

■想定される利用シーン
・自転車のローラー台トレーニング時のトレーニング指標としての利用
・自転車のロングライド、 ヒルクライムでペースコントロールでの利用
・スマートフォンをサイクルコンピューターとして利用
・マラソンタイムを短縮するためのトレーニング指標としての利用
・自転車およびランニング時の自分の運動能力の評価

■必要なシステム環境
GoMoreスタミナセーサーを使用するには、 iPhoneもしくは、 Androidのスマートフォンが必要です。

・ iPhone の場合
– iPhone 5以降 
– iOS 8.0以降
– App Store で公開されている「GoMore II」アプリ

・ Android の場合
– Android 4.4以降
– Bluetooth 4.0 Low Energy
– Google playで公開されている「GoMore II」アプリ

スクリーンショット 2017-09-22 0.24.29

■同梱物
・GoMore Liteセンサー × 1 
・調整機能付き胸ベルト × 1
・クイックスタートガイド

■スペック
材質
・センサー本体:耐衝撃性プラスチック
・胸ベルト:軽量伸縮ストラップ(導電性ポリマー付き)
 
防水性
・国際規格 IEC60529で定められたIPX7に対応

サイズ・重さ
・サイズ:65 mm ×35 mm ×10.4 mm
・重さ:13.7 g

バッテリー・持続時間
・CR2032コイン電池
・900時間程度の利用が可能

その他
・ANT+
・Bluetooth 4.0 Smart(BLE)

■販売価格およびご購入先
・定価:9,800円(税別)
・株式会社ジークスのECサイト( http://www.gomore.jp )
・Amazon(予定)

関連URL:ホームページ :  http://www.gomore.jp  ブログ :  http://blog.gomore.jp
 

次のページへ サンマルコより2018年モデルが登場!

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

3,204 Views