記事ARTICLE

2017年04月17日

FUNRiDE NEWS TOPICS【4月18日新着情報】

ニュースロゴburakku

1.【CAMPAGNOLO】前モデルより軽量で高剛性になったロードTTホイールの定番 BORA ULTRA TT
2.沖縄県内外のサイクリストやランナー歓迎。沖縄本島一周コース(全長約337Km)等整備のお知らせ/約85か所のサイクルステーションの創設
3.【Liv】4/28-30 RIDE LIKE KING 2017! 今年も世界のGIANT & Livサイクリストとご一緒に。
4.【De Marchi】バックパック、iPhoneレザーケース、クラシックなシューズなどバラエイティ豊かなアクセサリーが登場!
5.【CANYON】SRAM Red eTap HRD 搭載のハイエンドモデルを発売
6.【TREK】トレック コンセプトストア「バイシクルカラー奈良天理店」 が4月15日にオープン
7.自転車議連総会傍聴者緊急募集! 
8.【FUNRiDEトレーニングキャンプ】VOL.9 in Mt.Fuji 2017 募集中です!【PR】

 1.【CAMPAGNOLO】前モデルより軽量で高剛性になったロードTTホイールの定番 BORA ULTRA TT

メールの添付ファイル

ecolofnkllofmhbe

ボーラ ウルトラ・TT
 デビュー直後から、ボーラ ウルトラTTは弾丸のような最速ライダーと共に戦い、数多くのタイムトライアルの国際レースでメダルを獲得してきました。 
 2017年、カンパニョーロのレンズ形状ロードホイールは、大きな特徴である軽量さと剛性を大きく改良し、更なる進化を遂げました。重量は前モデルより111g軽量化、そして8%もの剛性アップを果たしました。キャンピー・テック・ラボは、それに加えタイムトライアルバイクのブレーキシステムに適したホイールを作り出すことにフォーカスし、大いなる成果を挙げることに成功しました。

タイムトライアル用フレームのために開発されたホイール
非常に剛性の高い構造を採用し、ボトムブラケット周りのたわみをなくしました。つまり、ほとんどのタイムトライアル用フレームでリアブレーキが配置されているエリアのたわみを押さえ、ホイールとブレーキが接触することがありません。

2983_n_cult-campagnolo-main
【SPEC】
■リムタイプ:チューブラー
■リム幅:20mm
■ベアリング:CULT™ カップアンドコーン ベアリング
■重量:864g(リアのみ)
■エンド幅:130mm
■対応カセット:カンパニョーロ もしくはHGシマノ

価格(税抜):カンパボディ/423,000円、シマノボディ/424,000円

問:カワシマサイクルサプライ
関連URL:http://www.riogrande.co.jp/news/node/46859

次のページへ 沖縄県内外のサイクリストやランナー歓迎。沖縄本島一周コース(全長約337Km)等整備のお知らせ/約85か所のサイクルステーションの創設 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

3,183 Views