記事ARTICLE

2017年04月02日

FUNRiDE NEWS TOPICS【4月2日新着情報】

ニュースロゴburakku

5.【宇都宮ブリッツェン】ジュニア育成プログラムとして「アップ・ビーリング・システム」を開設、4月にトライアウトを実施

サイクルロードレース地域型総合育成システム『アップ・ビーリング・システム』トライアウト実施のご案内
栃木県宇都宮市を拠点とする地域密着型プロ自転車ロードレースチーム、「宇都宮ブリッツェン」を運営するサイクルスポーツマネージメント株式会社(本社:栃木県宇都宮市、代表取締役社長:柿沼 章)は、ジュニア育成プログラム、「アップ・ビーリング・システム」を始動、2017年4月より小学校4~6年生に在学する生徒を対象にトライアウトを実施し、合格者によるジュニアクラブを結成致します。

【リリース】 アップビーリングシステム募集開始のお知らせ

地域密着型プロスポーツチームを標榜する宇都宮ブリッツェンがロードレースの魅力を子どもたちに発信、将来のプロロードレーサーを夢見る子どもの大きな受け皿となるジュニアクラブです。
下部組織として活動するブラウ・ブリッツェンさらには作新学院大学自転車部競技班と連動しながら、プロスポーツ選手としての競技力と人間力を育成して参ります。
世界へと羽ばたくポテンシャルを秘めた”Made in UTSUNOMIYA”の選手を育て上げる新たな育成スキームの構築を目指します。

■毎週水曜日、17:00~18:30(予定)
場所:宇都宮競輪場
内容:トラックを使用し、基礎体力向上を目的としたトレーニングを実施
■毎週日曜日、13:00~15:00(予定)
場所:宇都宮市森林公園周辺
内容:交通ルールや集団走行などのテクニック向上を目的としたトレーニングを実施
※原則として、保護者の方が練習会場までの移動送迎をお願いします。
※天候不良で野外での練習が難しい場合には、ローラー等を使用した室内トレーニングを実施予定。

≪ロードバイク貸出制度≫
■トライアウト合格後、ロードバイクを所持していないクラブ員には24インチロードバイクをアップ・ビーリング・システム事務局より貸出致します。(バイク提供:株式会社カンセキ)
■貸し出ししたロードバイクの管理、保管については借り受けたクラブ員の方にお願いします。
■必要な消耗品、部品の交換、修理費用等はクラブ員に実費負担頂きますのでご了承ください。
■貸出期間は最長で1年とさせて頂きます。それ以降はクラブ員のご家庭でロードバイクをご用意ください。
■貸出希望の方は、トライアウト合格後に申し込み用紙を配布致しますので必要事項記入後、事務局まで提出ください。
「アップ・ビーリング・システム」トライアウト詳細についてはこちらをご参照ください。

関連URL:http://www.blitzen.co.jp/team/upbling/
【アップ・ビーリング・システムに関するお問い合わせ先】
アップ・ビーリング・システム事務局
メール:school@blitzen.co.jp

前のページへ

次のページへ 【iSSi Pedal】ニューモデル発表

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

7,433 Views