記事ARTICLE

2016年06月12日

FUNRiDE NEWS TOPICS【新着情報 】6/12

ニュースロゴburakku

全国の強豪ヒルクライマーが揃ったMt.富士ヒルクライム、スッキリと晴れました!  レース速報をお届けします。そして今週もニュースが盛りだくさん。気になる情報やHOTな情報をお届けする「FUNRiDEニュース トピックス」をどうぞ。

1.ペダリングモニターセンサー105左クランクモデル[2モデル]を新発売

2.山本幸平が3大会連続のリオ五輪代表候補へ

3.どんなロードライドも思いのままに。新型ENDURACE CF SLX 発表

ブリヂストンサイクルがリオ2016パラリンピック日本代表候補選手4名への機材(自転車フレーム)サポートを決定

5.スペシャライズド・S-WORKS 6 ロードリミテッド 発表

6.「ジャイアントストア奈良」2016年6月16日オープン

7.EQADSレースレポ】・クルス・ド・ラ・ペ(6/3-5)

8.RUDY PROJECTから、2017年限定モデル発表

9.第13回Mt.富士ヒルクライムは森本 誠(GOKISO)が制する。コースレコード58分31秒92 


1.ペダリングモニターセンサー シマノ・105左クランクモデル [2モデル]を新発売

105shugo_LOW
ペダリングモニターセンサー105L・CA500セット
105_LOW
ペダリングモニターセンサー105L

ペダリングを可視化するペダリングモニターシステムに、ペダリングモニターセンサーを左クランクのみに、セットしたシマノ・105モデル、2タイプを新発売する。
ペダリングモニター対応はお客様のシマノ製デュラエース、アルテグラのクランクにセンサーを取り付けるものだった。
今回のシマノ製105(FC-5800)付きペダリングモニターセンサーについては同様な取り付け対応を行わず、左クランク一体(左センサー装着済)での販売となる。
パイオニアは、2013年10月に、国産初のパワーメーターであり、世界初のペダリングを可視化する“ペダリングモニターシステム”を発売。 2014年3月には、小型・薄型化し、取り付け可能なクランク、フレームの対応力を強化した第2世代ペダリングモニターセンサー「SGY-PM910H」 を発売し、2015年6月にはペダリングモニターセンサーの薄型化、機能進化を実現した。
UCIワールドチーム「ロットNL・ユンボ」、「ジャイアン ト・アルペシン」へ機材サポートを行っている。今年4月にはデータ解析サービス「シクロスフィア」、サイクルコンピューター「SGX-CA500」、iPhone6との連携により科学的トレーニングの実践を促進させる「トレーニングアシスト機能」 をアップデートにより実現している。
そして6月ロードバイクトレーニング入門層、現在 105クランク使用のライダーに向けてシマノ社製105左クランク装着済ペダリングモニターセンサー関連2種モデルを発売します。サイクルコンピュータ― 「SGX-CA500」をセットしたモデルは新機能「トレーニングアシスト機能」を直ぐに利用できる<TrainingAsistEdition>となる。

【ペダリングモニターセンサー105L・CA500セット】
●ペダリングモニターセンサー「SGY‐PM910HL」取り付けたシマノ・105(FC-5800)左クランク、※105L・クランク長/170mm・カラー/ブラック
●サイクルコンピューター「SGX-CA500」
『セットモデル初回限定100セットに特典』
上 記モデル初回生産100セットに弊社がサポートするUCIワールドチーム「ジャイアント・アルペシン」チームカラー(ホワイト)のサイクルコンピューター 用ステッカー&ペダリングモニターセンサー用ステッカーを付属。機器の存在感が増すと共に、愛用のバイクのアクセントカラーとなる。

【ペダリングモニターセンサー105L】
ペダリングモニターセンサー「SGY‐PM910HL」取り付けたシマノ・105(FC-5800)左クランク(※105L・クランク長/170mm・カラー/ブラック)

問:パイオニア http://pioneer-cyclesports.com/jp/

次のページへ 山本幸平が3大会連続のリオ五輪代表候補へ

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

6,772 Views