記事ARTICLE

2019年01月13日

【1月11日 男子オムニアム優勝! 自転車競技】2019アジア選手権・トラック

橋本・OM決勝 copy

1/9-1/13の日程でインドネシア・ジャカルタにて
・第39回アジア自転車競技選手権大会
・第26回アジア・ジュニア自転車競技選手権大会
・第8回アジア・パラサイクリング自転車競技選手権大会
が実施されている。そのレポートをお届けします。

■レポート
1月11日、アジア選手権トラック競技2日目は男子オムニアム、女子スプリントなどが行われた。
男子オムニアムはアジア大会で連覇を果たした橋本英也が出場。ワールドツアーチームに所属するミルザアルハマディ(アラブ首長国連邦)やザカロフ(カザフスタン)といった強豪相手に1種目めのスクラッチこそ5位と出遅れたものの、以降の競技で順調に得点を重ね優勝。3度目のアジア選手権優勝を連覇で飾った。
女子スプリントは小林優香と太田りゆが出場するも共に1/4決勝で敗退。
パラサイクリングではB男子個人パーシュートで木村・倉林ペアが得意の中距離種目で金メダルを獲得した。

 
■2019年1月11日(金) ※現地時間
●レース結果
男子オムニアム
1 橋本英也(日本)125点
2 ユースフ・ミルザアルハマディ(アラブ首長国連邦)121点
3 シン・ドンギン(韓国)120点
https://docs.wixstatic.com/ugd/ef8a5a_0342f19faf244a2e80bb68c4bf53168e.pdf
橋本表彰 copy
●橋本英也のコメント
後半は自分らしいレースができた。ポイントレースでは接戦になったが最後に自信があったので、うまくレースを組み立てられた。
1回勝つのと繰り返すのは全然違うので、3回目の優勝は自信になる。来週のワールドカップではプレッシャーをプレジャーに、一桁順位から狙えたらメダルを取りたい。
 
 
女子スプリント
5 小林優香(日本)
8 太田りゆ(日本)
https://docs.wixstatic.com/ugd/3f5745_b8ca08f221b746c49bf354ef46ad05ca.pdf
 
男子ジュニア1kmタイムトライアル
2 市田龍生都(日本)1分5秒765
https://docs.wixstatic.com/ugd/3f5745_5ec447a2b53c48ba880312e6c7ad9956.pdf
 
女子ジュニアスプリント
3 飯田風音(日本)
https://docs.wixstatic.com/ugd/3f5745_3a9435a5bdf14f76b51abde6517b87dd.pdf
 
女子ジュニア個人パーシュート
5 内野艶和(日本)2分40秒201…予選タイム
https://docs.wixstatic.com/ugd/ef8a5a_b82c2b17d42043dd986087e4ade70497.pdf
パラサイクリングB男子4km個人パーシュート
1 日本(木村和平・倉林巧和)
木村・倉林(前) copy
 
木村・倉林表彰 copy
 
 
 

■WEB情報
JCFホームページ
http://jcf.or.jp 
 
JCF Twitter (速報配信中)
https://twitter.com/JCF_cycling

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

439 Views