記事ARTICLE

2019年08月22日

執念 〜入部正太朗、2019年全日本選手権優勝への軌跡~(前編)

A1_P1800052

心のバトンパスをつなぎ、後半戦へ

一方、12周目になると集団では宇都宮ブリッツェンの阿部嵩之がシマノレーシングのローテーションに加わり、最大3分ほどまで開いた徳田選手との差は徐々に縮まり始めた。

「逃げが落ち着いている状態だったんで、途中で増田(成幸、宇都宮ブリッツェン)さんと『捕まえるのもうちょっと後でもいいんじゃないか』と話していました。でも、徳田選手も1人で逃げているので、体力消耗してペースが落ちてきていた。差が縮まってきたら、集団も活性化し始めるので、アベタカさんはアタック合戦するなら、ある程度のペースで引こうとしていたんじゃないですかね」

A10_P1800770
中盤までのMVPとも言える働きを見せた中井

ここまで集団コントロールを担っていたシマノレーシングの黒枝は14周目、中井は15周目に託された仕事を終える。単独逃げの徳田も青息吐息で、集団からは新たな動きが起ころうとしていた。

 「けん引の仕事はそのあたりまでと話していたんで、中井と黒枝咲哉の仕事は完璧です。2人があれだけやってくれたから、あとは3人でなんとかする。すべて心のバトンパスができていて、数で負けている状態でもなんとかやりきる気持ちになっていました」

 

レースは残り70km。死力を尽くす戦いは、今まさに正念場を迎えようとしていた。

後編へ続く ※8月28日に公開予定です。お楽しみに

 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする