記事ARTICLE

2019年08月22日

執念 〜入部正太朗、2019年全日本選手権優勝への軌跡~(前編)

A1_P1800052

序盤でチームメイト3人失うも、焦らずレースを進める

序盤はアタック合戦が続いた。数人の選手が散発的にアタックしていたが、優勝候補の一人である別府が自ら集団をけん引するなど、決定的な逃げを許さなかった。

一方、8人でスタートしたシマノレーシングだったが、横山航太、小山貴大、一丸尚伍の3人が早い段階で集団から脱落し、レースを降りた。

「ミーティングでも小山、一丸はどちらかというと前半にアシストしてもらうという形で話は進んでたので、序盤で力を使いすぎたのかなと思います。一丸も小山も横山も前で動いてくれていたので、彼らの動きはプラスになっていました」

トラック日本代表としても活躍する一丸は、今季チームブリヂストンサイクリングからシマノレーシングに移籍。ロード中心のチームメイトと同じレースを走る機会は多くないが、事前の伊豆合宿ではチームと行動をともにしてきた。

「合宿で今まで以上にロードの練習を積んできた」という一丸だが、この全日本が久々のロードレースでもあり、慣れないアップダウンの多いコースに苦戦を強いられた。それだけに、「入部さんのためにしっかり働きたかった」と悔やんだ。

一方、今年U23からエリートに昇格した小山だが、なかなか調子の波をつかめず、5月には骨折からの復帰を目指す新城らとともにタイの合宿に参加。その後も単独でJPT群馬のレースに参加するなど独自の調整を続けて、全日本に臨んできた。

序盤は積極的な走りも見せていた小山だったが、結果的に早めに力を使い果たした。「調子は上がってきていたので、全日本でいい走りがしたかった。個人的には何もできなかったのが悔しいです。自分の結果が出なくてもチームに貢献できればよかったけど、思い描いていた走りができなかった」と肩を落とした。

2年前のU23全日本ロード王者・横山の脱落は、チームとしても終盤の戦力として計算していただけに想定外だった。

今年はJプロツアー修善寺Day2で3位表彰台を獲得し好調なスタートを切った横山だったが、ツアー・オブ・ジャパンでは前半でタイムロスして2年連続でのUCIポイントを逃すなど、調子の波にも苦しんでいた。

この日も横山は「しっかり調整してきたつもりだったけど、スタートしてみたら体調的に思わしくなくて、後半持ち直せるかと思ったけど…… 今日は不甲斐ない走りをしてチームに申し訳ない」と自らの力を発揮できずレースを終えた。

A6_P1800031
横山航太(中央)の序盤での脱落はチームにとっても予想外だった

しかし、チームメイトを失った入部には焦りはなかった。

「いつもみたいに集団の前と後ろを行き来してなかったので、全員の位置を確認しきれてなかったんです。途中で木村から『横山がドロップしました』と聞いて、『えっ、そうなんだ』と気づいたぐらい。遅れた状況がわからなかったので、落車したのか、体調不良なのか、ケガしていないか、と心配していました。でも、慌てはしなかったですね」

この時点でチームは5人となったが、入部は「あとは絶対なんとかするから、みんなの思いを受けて頑張るから」とさらに気合を入れなおした。

次ページ 「阿吽の呼吸」で集団コントロール

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする