記事ARTICLE

2019年02月07日

【SRAM】RED eTAP AXS リリース 無線変速12スピード その特筆すべき点とは

etapaxs_1c

話題となっていたスラム無線変速12スピード コンポーネントが、日本時間の本日0時に情報解禁となった。その名もAXS(アクセス)。スラム レッド イータップ アクセスという名称であることがわかった。

販売開始は情報解禁と同様の2019年2月7日0時。順次、国内販売ショップの店頭に並ぶ。
この新型コンポーネントの特筆すべき特徴とはどこだろうか。その特徴をピックアップしてみよう。
詳報レポートはのちほどお届けします。

Xレンジギアリング
よりワイドなギアレシオを実現
etapaxs_9

トラディショナルなギア構成(53/39×11-25T)とAXSの50/37×10-26Tを比較するとトップギアからローギアまでより広いギア比をカバーすることができている。ギアが1枚増えたことで、もっとも使用頻度が高いミドル群をクロスレシオ化することができ、スムースなギア構成を実現することができたのだ。
チェーンリングは50/37、48/35、46/33の3種類に設定している。

・オービット チェーン マネジメント
etapaxs_16
orbitテクノロジーはディレイラー内部のスプリングに超軽量のシリコンフルードを内蔵し、チェーンが暴れる垂直方向の衝撃にのみ減衰がを起こすシステムだ。この機構によって強力なスプリングテンションが必要なくなり、ホイール交換が容易となる。

・AXSアプリケーション
IMG_1420

スマートフォンで行う、コンポーネント統合システム。現段階でIOSではアプリが確認できている。
バッテリー状態の確認、ディレイラーの動作変更、コントロールのカスタマイズ、コンポーネントからメンテナンス情報を取得したり、ファームウエアを更新することができる。

エンハンスド モード
フロントギアチェンジを行うと、リアディレイラーがオートシフトし、ギア比の補正を行うことで、ペダリングケイデンスの最適化を実現。リアの補正幅は任意で選択できるが、AXSでギア比を計算し補正して自動で1〜2コグのシフトを行う。

IMG_1413

また、シフトボタン裏側のAXSボタン(モードのオン・オフスイッチ)を設けており走行中エンハンスドモードの切り替えも可能だ。右レバーがオン、左レバーがオフとなる。

etapaxs_15

グループセットのラインナップは全7種類となる。なお、クランク/カセット/チェーン/リムブレーキは別売りとなる。(税抜価格)

① Red AXS Road 2X Groupse  266,800円
② Red AXS Road 1X Groupset   206,800円(1XはFD無し)
③ Red AXS Aero Groupset   180,200円(AeroはFD,シフトレバー無し。BlipBox/Clics/Blips付属)
④ Red AXS HRD 2X Groupset Flat Mount   333,300円(HRDはDiscキャリパー付属)
⑤ Red AXS HRD 2X Groupset Post Mount   333,300円(HRDはDiscキャリパー付属)
⑥ Red AXS HRD 1X Groupset Flat Mount   273,400円(HRDはDiscキャリパー付属)
⑦ Red AXS HRD 1X Groupset Post Mount   273,400円(HRDはDiscキャリパー付属)

主要パーツ
チェーン 10,400円
カセット 44,000円
クランクセット 86,700円
クランクセット(パワーメーター付属)160,000円
クランクセット(1X)86,700円
クランクセット(1X、パワーメーター付属)160,000円

ローター 10,300円(センターロック、税抜)、7,950円(6ボルト、税抜)
ブレーキセット 21,800円(リムブレーキ)

 

問い合わせ:インターマックス
http://www.intermax.co.jp/products/sram/products/red_etap_axs.html

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

7,100 Views