記事ARTICLE

2017年05月24日

【Mt.富士ヒルクライム×ASSOS】ASSOSが提案する、気温によって選ぶウエア/レイヤー術 2017

tobiraa copy

CONTENTS
1.Dry/晴れの日
2.Sunny or Cloudy/晴れ時々くもりの日
3.Sunny or Cloudy Ver.2/晴れ時々くもりの日 その2
4.Windy/風の強い日
5.Rainy&DOWN HILL/雨の日&ダウンヒル

3.Sunny or Cloudy Ver.2/晴れ時々くもりの日 その2

p2_n

1495437752uk6QtZZHu1bbEaW1495437748①SS.Equipe Jersey evo8
価格(税抜):19,800円

②T.equipe s7
価格(税抜):24,000円

③exploit Cap evo7
価格(税抜):3,220円
ヘルメット下に着用しやすい新しいエクスプロイトデザインのサマーキャップ。サイドはメッシュ加工されています。

④LS.skinFoil spring/fall evo7 
価格(税抜):12,100円
インナーウェア「スキンフォイル」の春秋用ロングスリーブモデル。

⑤knee Warmer evo7
価格(税抜):6,800円
EVO7へと進化した最高のフィット感を実現したニーウォーマー。RXライトフリース素材を使用。

⑥mille Socks evo7
価格(税抜):3,600円

⑦summer Gloves s7
価格(税抜):6,800円

レイヤー次第で幅広い温度帯に対応
ショートスリーブのアウターに、春〜秋物のロングスリーブインナーウエアを組あわせるのもよいアイデアである。このLS.skinFoil spring/fall evo7はショートスリーブから出してもいいように、デザインされたもの。インナーながらも見せる配慮がなされているのだ。さらに保温性はそのままに薄く軽くなったので、やぼったさもない。

_1W_7825
デザイン面では、新しいASSOSモノグラムパターンロゴをショルダー部分に配置した新世代のデザインを採用。BMCレーシングに供給されるウェアはこのEQUIPEジャージをベースに作られる。

_1W_7820

春・秋用のロングスリーブインナーウェア。汗を発散しやすい場所へ移動させるトランスポートメッシュ構造により快適性がアップ。繊維から見直し保温性をそのままにより薄く軽量に


【次のページへ】4.Windy/風の強い日

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

9,183 Views