記事ARTICLE

2019年06月06日

【Mt.富士ヒルクライム】Sub-One-Hoursを目指せ! プラチナリング初公開

IMG_3109_pt

16回目を迎えたMt.富士ヒルクライム。大会だけでなく、出場する選手のみなさんも成長しつづけています。その証として、年々タイムが向上していますよね。目標のタイム目指してみんなががんばっている証明なのです。

pt
選抜クラスでは中村龍太郎さんの1時間切りを皮切りに、3年連続の1時間切りのタイムだったことから、1時間5分=ゴールドというタイムはもはや平凡な記録ではないか……。そんな議論すら生まれました。とはいってもゴールドは誉れで、1万人の参加者のうち2%ほどしか達成できません。しかしその上があってもいいのではないか。連日深夜まで実行委員会では議論を行いました。

そこで誕生したのはこの”プラチナリング”です。SUBワン、つまり60分切りを果たしたトップ選手だけに贈られる、ヒルクライマー最高の栄誉となるでしょう(すこし大げさでしょうか?)。

IMG_3109_pt

日本最高峰の舞台で、最高の栄誉を目指してください。

いよいよ今週末、開幕です!

Mt.富士ヒルクライム公式サイト:https://www.fujihc.jp/

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

5,895 Views