記事ARTICLE

2016年06月26日

全日本自転車選手権大会ロードレース3日目 エリート男子速報

IMG_6787aaa

1日目、2日目とは打って変わって気持ちのよい晴天となった大島。スタート時はやや肌寒く感じるが、湿度も低く、非常にコンディションがいい。次第に気温は上がり、強い日差しが降り注いだ。この2日間の鬱憤を晴らすような晴天の中、レースは進む。序盤、小石佑馬(NIPPO-VINI FUNTINI)、キナン サイクルレーシングチームが上りでペースを上げる。2周目に集団を分裂する強いアタックがかかる。しかしほどなくして鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)、中根英登(愛三工業レーシング)のロングエスケープが決まる。これにより集団はスローペースになり、遅れた選手が集団に合流する。小康状態は残り5周、鈴木が単独で先行し、中根が集団に戻ると、50名ほどの集団は逃げを捉えた。上りではブリヂストン勢が集団を牽引する。ラスト2周、西薗良太、佐野淳也(マトリックスパワータグ)らがアタックをかける。決定的となったのは残り7kmで木村圭佑(シマノレーシング)がアタックをしかけ、初山翔(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)がチェック。この2名に石橋学(NIPPO-VINI FANTINI)、西薗が追走。石橋を振り切った西薗だけが先頭に合流することができた。
そこから西薗がペースメイクを開始。木村がアタックをかけるが初山が反応、西薗が木村を振り切り、ワンツーフィニッシュを遂げる。初山が勝利を確信したのはゴール15mだったという。田代恭崇氏以来、12年ぶりにブリヂストンアンカーへナショナルチャンピオンが戻った。序盤の落車で内間康平を失い、戦略を大きく変更せざるを得なかったが、選手層の厚さが勝利へ繋がった形となった。

エリート男子リザルト

1位 初山翔(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 4:14:57(AVE36.40km/h)
2位 西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 0
3位 木村圭佑(シマノレーシング) 00:02
4位 石橋学(NIPPO-VINI FANTINI) 00:42
5位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)  00:43
6位 鈴木龍(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 00:43


PHOTO GALLERY
IMG_6135

2周目、小石が上りでアタック。

IMG_6207
3周目の上り頂上。ペースが上がり、集団が伸びる。

IMG_6260
鈴木譲、中根英登のエスケープ。

IMG_6298
この二名の逃げはしばらく終盤まで続く。

IMG_6364
メイン集団のペースは落ちつきながらもチーム間で心理戦が繰り広げられている。

IMG_6442 IMG_6461
ブリヂストンアンカーがメイン集団のペースを作る。

IMG_6532

鈴木を吸収した後、集団の動きは不安定に

IMG_6722

IMG_6584
ラスト3周の上り終盤、西薗のアタックの後、さらにNIPPO ヴィーニファンティーニ、小石が攻撃を仕掛ける。

IMG_6699
終盤にむけて牽制が入る

IMG_6777 IMG_6780 IMG_6783

IMG_6795

IMG_6808

4位にはメイン集団に詰め寄られるも先行していた石橋、メイン集団の頭をとったのは増田成幸(宇都宮ブリッツェン)。


IMG_7034

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,845 Views