記事ARTICLE
  • 記事
  • 機材・インプレッション

2015年10月30日

3モデル インプレッション FELT編 プロローグ

151028_1D_5991

エアロ/スタンダード/エンデュランスの3モデルを一気乗り!

THREE MODELS IMPRESSION 

3モデル インプレッション


 

◆3モデル インプレッションの定義◆

エアロロード、ノーマル、エンデュランスロードと3つのカテゴリーを有するブランドをセレクトし、この3つカテゴリーの代表モデルを各1台、合計3台インプレッションするというもの。ブランドのイメージ、それぞれのカテゴリーに特化したバイクの評価、3モデルを総合した印象と比較など3人のライダーが多角的にレポートします。

記念すべき第1回目はフェルト。かなり早い段階からこの3つのカテゴリーを設けていて、まさに1回目には相応しいブランド。セレクトしたのはF5、AR5、Z5の3モデルです。

 


インプレッションライダー

151029_7D_K

菊地武洋 サイクルジャーナリスト。業界のご意見番にして。自他ともに認める自転車バカ。主な著書は「ロード買うなら自転車バカに訊け」(小学館)、最新ロードバイク購入完全ガイド(コスミック出版)

151029_7D_2D

小高雄人 ファンライド編集長。ヒルクライムからロングライドまで年間20を越えるイベントに出走している実走派。どのような乗り方に適したバイクなのかをという点を重視して、インプレッションを行なう。

151029_7D_T

山本健一 ファンライド編集スタッフ。15年に渡り試乗レポートを重ね、試乗台数は4ケタに及ぶ。ライフワークにはロードレースを選び、Jプロツアー参戦中。2016年は新たな試練に挑む。



TEST BIKES / FELT

151019_7D_9639

F5/オールラウンドモデルのF シリーズからはミドルグレードのF5をチョイス。フレーム素材にはUHCパフォーマンスカーボンを採用し、シマノ・アルテグラをアッセンブル。価格は228,000円(税抜)。

151019_7D_9625

AR5/上位グレードと同じフォルムにUHCパフォーマンスカーボンを採用したお求めやすいエアロロードである。価格は278,000円(税抜)。

151019_7D_9628

Z5/アップライトポジションを、フレームのフォルムを崩すことなく実現できる、もっともお手頃なカーボンフレーム。UHCパフォーマンスカーボンをフレーム素材に採用している。価格は228,000円(税抜)。

 

FELTのブランドイメージは……

山本●フェルトのイメージって、一見おとなしいけど、実は高性能というか。

菊地●もっともコストパフォーマンスに優れていて、お買い得感があって、ブラッシュアップもしっかりやっていて、弱点をつぶしてしっかりやっている。企画でお買い得銘柄的なものをやるときにかならず挙ってくるブランドかな。

小高●シンプルなんですけど、こういった3シリーズの分け方をするのは結構早い時期からやっていましたよね。先見の明のあるブランドなのかなと思います。

菊地●一番最初に行なったブランドだよね。

山本●先見の明といえば、軽量アルミチューブの進化に貢献したジム・フェルトがバリバリやっている時代もありましたね。

菊地●昔とそこにかんしてはイメージが違うよね。アルミ時代とカーボンが主流になってから。今は大手メーカーという感じ。ワールドツアーのチームも使っていたこともあるし、世界と日本で感じるイメージが違うのかなと思ったりする。日本市場ではお買い得感が強いよね。

小高●海外市場ではロードバイクだけじゃなくて色々なジャンルのバイクを製造していますね。

山本●アルミの尖っていた時代とはすこし変わってきているのは確か。カーボンフレーム主流となり、さらに3シリーズ化も円熟を迎えた今のフェルトの印象はどう感じるでしょうか?

(FELT編 インプレッションページ につづく)


FELTのお問い合わせ先:ライトウェイプロダクツジャパン TEL.03-5950-6002 http://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/


【総論はこちら

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

9,313 Views