記事ARTICLE
  • 記事
  • 機材・インプレッション

2017年10月27日

【2018 NEWプロダクツVOL.8】EDDY MERCKX・SAN REMO76

A82R9438

輪聖という称号を与えられた史上最強のロード選手、エディ・メルクス氏の名を冠するベルギーのエディメルクス。セカンドモデルのサンレモ76は欧州レースシーズン開幕を告げるレース“ミラノ~サンレモ”を 1976年にエディが制したこと由来する。フレームはカーボン製で、リムブレーキ仕様とディスクブレーキ仕様の2種類がラインナップされる。フレームの重量は1kg、フォークが360gと標準的なカーボンフレームよりも下回る軽さを誇っている。フレームサイズはXS,S,M,Lの4種類。タイヤ幅は主流になりつつある25㎜まで対応している。

フレームの工法は最新のEPS工法(発泡ポリスチレン成形)を採用。 この工法はシリコン製の軸とポリスチレン製のコアを使用し、従来の工法よりも残留エアを減らすことのできる高圧力をかけることを可能にし、同時にチューブ内部のシワや凹凸のない成形を実現。結果として余分な樹脂素材を除去でき、高強度と軽量化を図っている。安易に高価なカーボン繊維に頼るのではなく、技術力で高い性能を目指すのが最新のトレンドであり、エディメルクスもそれに則ったモノ作りをしている。

SPEC
サイズ/XS – S – M – L
フレーム/Carbon Monocoque
フォーク/Carbon Monocoque
シートポスト/専用品付属
ヘッドセット/FSA headset 1-1/8 / 1-1/2
BB/プレスフィット(BB86)
装着可能タイヤサイズ/25mm
価格:278,000円(税抜、フレームセット)、398,000円(税抜、シマノ・アルテグラ完成車)

GEOMETRY
progeometry

size top a b c d e f g h i j k reach stack crank bar stem
XS 460 74.0 136 513 104 71.2 370 43 962 408 565 70 367 512 170 420 90
S 480 74.0 141 525 119 71.6 370 43 972 408 574 70 374 520 172.5 420 100
M 500 73.5 151 541 136 72.0 370 43 982 409 583 69 381 537 172.5 440 110
L 520 73.5 156 554 154 72.4 370 43 991 409 592 69 389 555 172.5 440 110

A82R0008
シートポストを確実に固定しつつ、シートポストのクランプ部のエアロ効果もあるインテグレーテッド・シートポストクランプ

A82R0012
上側
1.125、下側1.5インチのテーパーヘッドコラム。シフトケーブルやブレーキケーブル・油圧ホースをフレーム内に内蔵することでスッキリとした取り回し

A82R0015
ドロップアウトからコラムまで一体成型したフォークは、剛性が高く安定感の高いハンドリングを
実現している

A82R0018
シートステーのしなりをスムーズにするためシートチューブとの接合部は潰し加工が施されている

A82R0020
滑らかなラインが美しいBB部。規格はBB86を採用している

A82R0025
応力特性に合わせて左側のチェーンステーを強化して、効率的にトラクションを発揮する

 

IMPRESSION

ベルギー自転車ブランドらしい豪快なバイク◆山本健一
A82R9831


大柄なフラマンのサイクリストがゴリゴリと音を立てるようなペダリングをしても、それに応えるような屈強なフレームワーク。見た目からして強そうなイメージをもたせる。フロント周りはエアロっぽさもあるが、リアは路面の悪さを想像させるような横扁平したチューブの造形で、フランドル地方の環境をフレーム形状が物語っている。シンプルだけど、細部を見ると作り込まれている。そんなイメージのバイクだった。エッジの効いたフレームデザインは嫌いではない。マットで、ミディアムブルーのカラーリングも珍しい配色なので、しばらく記憶に残りそうなインパクトがある。
こういっては失礼だが、思った以上に走るというのがファーストインプレッションだ。ライディングフィールは安心そのもの。フレームやフォークにはまず問題はない。リアセクションの造形も主張するほどではなく、キビキビとした走りが印象的だった。あえていうならアッセンブルしているパーツのポテンシャルが足りていないといえる。コンポーネントはともかくとして、ハンドルやサドル、ホイールは分相応のグレードにすぐに載せ換えたい。持ち込んだ自前のホイールに換えて乗ってみたが、フレームそのものはハイエンドモデルの水準に達しているといえる。

 

身の丈を知る、玄人向け◆菊地武洋
A82R9879
エディメルクスのようなミディアムサイズのメーカー、しかもミラノサンレモ76のようなセカンドモデルをバランスよく組みあげるには、経験よりもセンスが必要だ。オリジナルパーツがあるなら、まずはそれを選択するのがセオリーだろう。しかし、コンポやホイールによって走行感は大きく変わってしまうので、フレーム売りから組み上げる場合、センスが問われる。最上級コンポや高価なコンポは走行性能自体は向上する場合が多いものの、ときにフレームのウイークポイントを露わにしてしまうこともある。その点において、ミラノサンレモ76とアルテグラ&フルクラム・レーシングクアトロのチョイスは、まさにバランスがほどよい。完成車で約37万円というのは安くないが、クラスとしてはミッドレンジである。加速させるとわずかにホイールの重さがウイークポイントになって、アタックなどの急加速は得意とは言えないものの、ロングライドやトレーニングならまったく問題ない。ハンドリングやブレーキング性能はトップモデル譲りというか、遜色ないレベルにある。特筆すべきクセや弱点はなく、道具として扱いやすい。パーツを豪華にすれば印象も異なったモノになるだろうが、こういう中堅なバイクが高く評価できるようになると、それをライダーとして一皮むけたというのだろう。

 

このバイクは……
レース・エンデューロ向け
パワフルなライダーも満足。レーシーな味付けのカーボンフレーム

富士チャレンジ200
グランフォンド八ヶ岳

関連URL:深谷産業 http://www.fukaya-sangyo.co.jp/eddymerckx/
写真:海上浩幸
文:菊地武洋、山本健一

 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

3,139 Views