記事ARTICLE

2018年03月02日

【FUNRiDEトレーニングキャンプVOL .17参加者募集中】Mt.富士ヒルクライム ブロンズ&シルバー攻略

ftc13_1

ftc17tobira

6月9-10日のMt.富士ヒルクライム、まだ3月だし…..と思っているあなた! 思ったよりも残されている時間は少ないのです。週末にして、あと14回(3月1日現在)ということは、まとまった練習が休日の週1回なら、あと14回しかできないということ。これって結構焦りませんか。その少ない練習時間を効果的に行うために、こんなレッスンを用意しています。

【FUNRiDEトレーニングキャンプVOL .17】Mt.富士ヒルクライム ブロンズ&シルバーを目指せ!

このブロンズ、シルバーという称号はいわゆる90分切り、75分切りといわれるもの。ヒルクライム好きサイクリストの指標として、ステータスとして認知されております。この称号を目指しているものの、なかなか達成できない……。という人はひょっとしたらペダリングに問題があって、せっかくの力をスポイルしているのかもしれません。そこでまずはペダリングの原理原則を学んでみませんか? 
75分までもう少しなんだけどなかなか切れない……というサイクリストの皆さん、ペダリングを見直してみませんか? 一気にタイムを短縮するブレイクスルーの機会かもしれません!!

「満足度が高い」「ペダリングの原理原則が理解できた」などの評価を得ているハムスタースピン代表 福田昌弘さんによるペダリング集中講座「Mt.富士ヒルクライム ブロンズ&シルバーを目指せ!」全2回の開催です。

ftc13_4_1

ftc13_3

このセミナーはペダリングをするための適切な動きをまず習得する、というところから始めます。ペダリングがよく分からない、実はうまくできているか自信がない。あるいは確信を得たい、でも良いと思います。無駄な動きが邪魔をしてペダリングがうまくできない人は結構多いと思います。正しい動きというのは人それぞれなので、コレ!というのは難しいですが、明らかに効率が悪そうだな、というペダリングは見てわかるもの。そんな、「見てわかる」という「目」も養ってもらいます。
ftc13_5_1

ftc13_5

では、実際にどんなことを行なえば、ペダリングに最適な動きを習得できるのでしょうか。
いわれるがまま受講したとして、そのときは納得しました。いざ帰宅して試してみると、どれが悪いのかわからない。自分の評価ができない……。そんなことはありませんか? 
それは案外にも、身近なワークアウトのひとつに隠されていました。それはスクワット。むしろペダリングそのものだったわけです。この動きを、ハムスタースピンだからこそ、の習得方法を駆使して、参加者同士で評価しあうことで「動き」と「目」を養います。スマートフォンも大きな役割を果たします。撮影機能をフルに活かしましょう。
そして、2週にわたって行うことにも意味があります。1週目(前半)で学んだことから課題をあぶり出し、動きを自分なりに評価し翌週(後半)までに自主トレーニングをします。そして後半では参加者同士で理解を深め、評価できる「目」を養っていくのです。
そして、より効率の良いトレーニングを行うことができるでしょう。ぜひ講座へ足を運んでみて下さい。

もちろん、富士ヒルに参加しない人も大歓迎。ヒルクライムをもっと速く走りたいと思っているサイクリストの皆さん、どしどしお申込みください。

 

イベント概要・お申し込みはこちら↓

FTC VOL.17 ハムスピ ペダリング講座 for 富士ヒルめざせブロンズ&シルバー

開催日 3月8日(木、前編) 3月15日(木、後編)

前回も好評につき満員御礼、ハムスタースピン代表 福田昌弘さんによるMt.富士ヒルクライム攻略のペダリング講座を開きます。全2回の開催で、ペダリングのマスターの手助けをします。前半のみの参加も可能。初心者大歓迎! 

 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

2,722 Views