記事ARTICLE

2019年10月01日

【ELITE】コンパクトさと静粛性に磨きをかけた 最新インタラクティブトレーナー SUITO(スイート)登場

njclcipadhieoloh

header_banner_SUITO
豊富なホームトレーナーラインナップを有し、TEAM SunwebやMITCHELTON SCOTT、MOVISTAR、Groupama FDJ、BAHRAIN MERIDAなど数多くのトップカテゴリーチームにも採用されている、ダイレクト・トランスミッションホームトレーナーのパイオニア「ELITE」から、日本の住宅事情にマッチする超薄型・静音設計の新型インタラクティブトレーナー「SUITO(スイート)」が発表された。
収納時の幅が従来のダイレクト・トランスミッションホームトレーナーに対して圧倒的にスリムな筐体は、ドライブシステムの改良により駆動音もさらに静かになった。

SUITOはカセットスプロケットが装着された状態で出荷され、箱から取り出しすぐに使用することが可能。付属の2つのヴァーチャルライドのトライアルライセンスを使用しヴァーチャルライドの世界を体感することができる。
また注目の新機能パワーメーターリンクを搭載しており、自転車にすでに装着済みのパワーメーターの数字をトレーナーが受信し、その数字に基づいて自動負荷調整機能を行う(my E-Trainingのみ)。

HyperFocal: 0
優れた静穏性とヴァーチャルライドの走行状況を再現する自動負荷調整、出力を測定するパワーメーターを内蔵するなど、昨今人気を集めるヴァーチャルトレーニング向けといえる。

高機能なダイレクト・トランスミッションホームトレーナーは比較的高価でサイズも大きくかさばりがちであるが、新しく登場したSUITOは今までのダイレクト・トランスミッションホームトレーナーの常識を覆すほどスリムな筐体を持ち、収納時には僅か15cmという幅に収めることができる。
これは多くのダイレクト・トランスミッションホームトレーナーの半分程度もしくはそれ以下の幅しかなく、僅かな隙間に滑り込むように収納できる。

 

HyperFocal: 0

 

 

 

 

 


非常にスリムなSUITOは脚を収納すると幅僅か15cm。

HyperFocal: 0
スリムでありながら強力なパワーを受け止める筐体はスチール製。

SUITOはさまざまな通信規格に対応する双方向通信機能を備え、エリート純正の高機能トレーニングアプリ「my-E-Training」やサードパーティ製の「ZWIFT」、「TrainerRoad」などアプリを使ったさまざまなトレーニングが可能だが、その際に必要不可欠なデータがパワー値だ。
SUITOはダイレクト・トランスミッションホームトレーナーで初めて「POWER METER LINK(パワーメーターリンク)」を搭載したモデルで、普段のバイクに既に取り付けられているパワーメーターのデータを利用し自動負荷調整を作動させることが可能で、自転車とホームトレーナーのパワーメーターが異なることで生じてしまう数字の乖離を完全に取り払い、つねに一貫性を持ったデータをベースにトレーニングすることが可能になります。
自転車にパワーメーターを取り付けていない場合は、SUITOに搭載されている磁気抵抗ユニットとELITE独自のアルゴリズムを用いた計算値でパワーを導き出し、そのデータをヴァーチャルライドに利用します。
計算値の精度は±2.5%以内の誤差に収まるよう1台1台丁寧にキャリブレーションされている。

ダイレクト・トランスミッションホームトレーナーならではの非常に優れた静粛性は、ドライブトレインの改良と筐体のサイドにスチールを採用することでさらに磨きをかけ、日本の集合住宅などでも周囲を気にすることなく使用可能だ。

 

Suito_PML
ダイレクト・トランスミッションホームトレーナーとして初のパワーメーターリンク搭載機種

SUITOの電子制御マグネティック負荷ユニットは100Vで駆動し、低ケイデンス・高負荷に対応。動作速度は自然で滑らかな反応を実現し、ヴァーチャルライドでも実走と遜色のないリアルな走行感を実現した。
スリムな筐体ながら最大15%の登板負荷は、さまざまなヴァーチャルライドはもちろんハードなインターバル・トレーニングなどにも必要十分な負荷を再現できる。
双方向通信機能を備えたダイレクト・トランスミッショントレーナーとしては他を圧倒するスリムなサイズのSUITOは重量も比較的軽量で約14.5kg。上部の大きなハンドルは握りやすく簡単に持ち運べ、様々なスペースに収納できる。

SUITOにはシマノ105仕様のカセットスプロケット(11-28T)が付属されるだけでなく、フリーボディに取り付けてから梱包し出荷される。ご購入後、箱から出したらすぐに愛車をセットし、トレーニングをすることができる。またELITE純正の高機能トレーニングアプリ「my E-Training」の1年間無料ライセンスと「ZWIFT」1ヵ月無料ライセンスが付属する
大幅なアップデートを行った「my E-Training」では、任意のパワーを継続できるようケイデンスに合わせて負荷を自動で調整する「パワーモード」、任意で好みの負荷に調整できる「レベルモード」、ELITEが提案する数十種類のトレーニングプログラムを選ぶことで、そのプログラムに合わせて負荷が変化する「プログラムモード」などのトレーニングモードの他に、自身のFTP(FUNCTIONAL THRESHOLD POWER)を正確に測定できる「FTP test」や、ペダリング解析(アプリ内課金が必要)といった評価プログラムも利用可能になった。

comm_icon

さまざまな通信規格に対応し、あらゆるトレーニングが自宅で簡単に行うことが可能に。

 

SUITO(スイート)

SUITO

設置サイズ:760×560×495mm、収納サイズ:560×150×495mm
重量:約14.5kg
自動負荷・最大再現勾配15%
ANT+ FE-C、Bluetooth Smart 双方向通信(スピード、ケイデンス、出力を送信)
パワーメーターリンク搭載
磁気抵抗ユニットによる出力計測(誤差±2.5%)
130-135mmQR、142-142mmTA 対応
付属品:my E-Training1年間無料ライセンス、ZWIFT1ヶ月間無料ライセンス、ライザーブロック、シマノ11速カセット(105)※取付済

税抜定価:948,00円
※10月初旬入荷予定
※心拍データを利用する場合は、別途「心拍ベルト」をお買い求めください。
※カンパニョーロ10/11スピード用フリーハブボディは別売
※使用する自転車によっては変速調整が必要な場合があります。
※騒音や振動は、建物の構造により感じ方が異なります。
※写真はサンプルを撮影したもので、スペックやカラーなど実際の製品と異なる場合があります。
※色調はモニター画面と実物では多少差異がございます。あらかじめご了承ください。
※表示価格は税抜価格でシーズン途中で変更される場合もあります。最新情報は販売店でお確かめください。

関連URL:http://www.pinarello.jp/

 

 

なお、グランフォンドピナレロ八ヶ岳(10月5〜6日開催)で出展予定のエリートブースで試乗コーナーを用意。
エリートの新型トレーナーを3モデル(DIRETO X、SUITO、TUO)を持ち込む予定。
このSUITOはZWIFTでデモが出来るよう準備中だ。
グランフォンドピナレロ八ヶ岳 公式ホームページ

 

 

関連記事

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

1,413 Views