記事ARTICLE

2017年02月06日

ヒルクライムレースのシリーズ戦「クライムジャパンシリーズ」を開始します

161108_CLIMBJAPAN_cs4_2 (1)

島国である日本には、テレビに映し出されるヨーロッパやアメリカのレースのようにどこまでも続く道はそれほど多くはありません。したがって 200km を超えるようなレースを実施することはなかなか難しいです。
そのかわりに日本には、四季に彩られる美しい山々があります。
そんな山々をサイクリストが駆けあがるヒルクライムレースがこれほど全国で盛んな国はほかにありません。
自然に立ち向かい、ゴールをめざし一心不乱にペダルを回し続ける。ライバルは自分自身と全国の同士――。ゴールの先には、ヒルクライマーにしか得られない感動があります。
日本を感じ、日本に挑み、そして日本で遊ぶ。もっと多くの人にヒルクライムに参加してほしい。そんな思いから、全国的なヒルクライムのシリーズ戦、「CLIMB JAPAN SERIES(クライムジャパンシリーズ)」を開始します。
FUNRiDEはアクティブなサイクリストを応援します!

 

(内容)
クライムジャパンシリーズは、日本国内のヒルクライムレースを連携させる企画です。加盟大会の情報が一覧で確認いただける、特設サイトを2月下旬にオープンします。サイト上では、加盟大会の完走タイムをポイント化し、年間のポイントランキング「クライマーズランキング」を設定します。また、下山や試走の際等に対してのサイクリスト向けの安全啓蒙にも努めてまいります。
「参加者同士」や「主催者と参加者」がコミュニケ―ションを取れる、写真投稿サービスも展開してまいりますので、ご期待ください。

(加盟大会)

■ チャレンジヒルクライム岩木山
■ 鳥海山ブルーラインヒルクライムfrom日本海
■ 嬬恋キャベツヒルクライム
■ 東京ヒルクライムNARIKI ステージ
■ 箱根ヒルクライム2017
■ ヒルクライム大台ヶ原 since2001
■ Mt.富士ヒルクライム
■ ライド・アクロス黒部ヒルクライム
■ ヒルクライム in 王滝村
■ 初夏の北アルプスヒルクライムつがいけサイクルクラシック2017
■ 乗鞍スカイライン サイクルヒルクライム 2017
■ 吉野大峰ヒルクライムタイムトライアル
■ 高取城・戦国ヒルクライム
■ 飯南ヒルクライム  2017
(順不同)
※2017年2月5日現在の情報で、今後も加盟大会は増えていく予定です。
 
(クライムジャパンシリーズ 活動詳細)

1.加盟大会を対象とした年間ポイントランキング「クライマーズランキング」の設定 ※ご参加を希望されない方は、非表示にすることも可能です。
2.クライムジャパン特設サイトの開設 ※無料
3.クライムジャパン特別冊子「クライムマガジン」の配布 ※各加盟大会の会場でのお渡しします。
4.加盟大会の男女総合上位各3名を2018年の第15回Mt.富士ヒルクライム選抜クラスにご招待
5.2018年の第15回Mt.富士ヒルクライム、優先エントリー権の付与 
※注)優先エントリー権の付与はシステム上、各加盟大会にエントリーいただく際にRUNNETからエントリーしていただいたお客様に限らせていただきますので、十分ご注意ください。  
6.クライムジャパンオリジナルグッズの販売(予定)
 
特設サイトオープンまで、もうしばらくお待ちください。
 
本件に関するお問い合わせ
funride-event@runners.co.jp
※件名に「クライムジャパンシリーズに関して」と明記ください。 

記事の文字サイズを変更する

記事をシェアする

16,782 Views